勉強会

キャリアアップ勉強会開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

社内のキャリアアップ勉強会が開催されました。
社内の一人ひとりがどういう人生を歩みたいか、を考える勉強会です。
仕事のことも、それ以外の家族や生活のこともひっくるめて丸一日の開催です。伸和工作所にこれから入社してくれる人には、必見の動画かもしれません。以下の動画は一日の勉強会を終えて、まとめの話です。(熱い話です)

以下動画の内容を少し要約しながら文字起こししています。

 

(キャリアアップ勉強会を)これをやって、いったん立ち止まって、考えることができていないことを気付くことが大切だと思います。また折をみてやってみたいと思います。

自分自身の変化もありますし、周りの環境の変化もあり、身近な人家族の変化も当然出てきます。
なので今記入してもらったような自分のビジョンの通り進んでいくか、と言えばそうではないかもしれません。だから今やってもらったことをいったん持ち帰ってもらって、また時々見返して、「いったい今自分はどういう状態なんだ」と振り返る機会を作ってください。

私は自分が想像していた以上に、ここにいる13人の人が真剣に取り組んでいただいて、真剣に自分のことを振り返って、将来のことを考えてもらえたことで、今日の勉強会をした意義があるなと思います。大成功だったんじゃないかというふうに思います。

仮に、明日お昼の12時に、

「もう死にます」

と宣告されたとすると、いったい何をするでしょうか?
余命3ヶ月と言われたら・・・?
何をするでしょう。ひょっとすると最初は自分のやりたいことをやるかもしれません。
でも最終的には人のために行動するようになるそうです。
名前は忘れましたが(笑)、どなたかの研究で明らかになったそうです。
結局何のために、ということが大事なんですね。

任天堂という会社があります。
「花札」を作っていたメーカーです。
この任天堂の従業員の人に「何をやっているんですか?」と聞くと、「家族の団らんを作っています」と言うそうです。

ゲームを作っている会社、とは言わないんですね。
ファミコンも最初からコントローラーは二つでした。一個じゃないんですね。
もしこの会社が最初に作ったゲームのコントローラーが一個だったら、今の子供たちはもっとバラバラに遊んでいたかもしれません。

タニタという体重計を作っているメーカーがあります。
彼らも「健康を作っている」と言うのだそうです。
そこから発展して体脂肪計を作ったり、健康をつくるための食品を作ったりもしています。

またこんな話もあります。
とあるペットショップの話。
そのオーナーに聞くと「ペットが飼い主よりも自分に懐いてくれる」ことを目標にしているそうです。確かに預けるペットが店の人に懐いてくれないと、ペットの飼い主はとても不安ですね(笑)。

またそのオーナーが一年間で殺処分される犬の数は、年間30万頭にも上ったそうです。
そこでその人は犬の保育園を作った。
すると殺処分される犬は5万頭まで激減したそうです。

編集者注:各データに開きがありますが、もしかすると犬と猫を合わせた数かもしれません。

うちの会社でも昨年1人ひとりの思いを集めて事業理念を作りました。

「ものづくりは未来への贈り物 一人一人が感謝と思いやりの心を持ち 熱意と向上心で社会に役立つものづくりを 総力を結集して未来へつなぐ」

これはうちの会社にとって非常に大切なものです。
みんなの思いが詰まっていると思います。
昨年のその時点でみんなの思っていることを集めてまとめました。

ただ、この事業理念をもって、この一年間で、この事業理念に基づいた何かができたのかというと、試行錯誤はしましたがはっきりしません。では毎朝事業理念を唱和てみたら、というと、唱和したからといって浸透するわけでもない。これだけを聞いてなかなか自分たちがやるべきことが見えてこない。

そこで考えました。
一体自分が仕事でやりたいことは何だろうと、ものすごく考えました。なかなか答えが出ませんでした。

で、今回、見つけました。
「行動理念」というのを考えました。

困っている人の為に動ける自分 困っている人を助けられる会社」

来期以降、これを行動理念としてやっていきたいと思います。みなさんも思うところがあると思います。私たちもこれをすることによって、お客さんから「ありがとう」と言ってもらえる会社にしていきたいです。
それは内外問わずです。
こういう行動ができるように、私自身もそうですし、みんなでこれをやっていく。
私一人では何もできません。正直言うと。
ただ今日こうして勉強会をさせてもらいました。
みんながやりたいことを応援できる人間になりたい。
お客さんでも困っている人がいたら、困っている人のために動ける自分でありたいし、助けられる会社でありたいです。

そのためには自分自身を磨いていかないといけないし、簡単なことではありません。

たくさんの「ありがとう」と言われる会社を作りたいと思います。

これからも皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

(完)

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください