推薦の声

「ホームページを作るんですけど、もちろん推薦してくれますよね」と脅迫し、いただいた推薦の声をご紹介します。(冗談ですよ、念のため)

こちらの手違いで動画を撮影しながらのインタビューであることが伝わっていなかったものの、皆さんしぶし・・・快く推薦をしてくださいました。こちらのインタビューも質問内容はぶっつけ本番ですので、皆さんの本音に近い内容だと思います。皆さん経営者なのでオーラが出まくっています。



株式会社森井塗装店社長 井上さん

www.morii-paint.co.jp(森井塗装店様ホームページ)

工業用塗装も建築系塗装も両方こなす森井塗装店さん。
オフィスの中が全面ヒノキで仕上げられており、こんなところにもプロ意識の高さを感じざるを得ません。

» つづきを読む

Q:井上さんと伸和工作所の出会いは?

以前共通の得意先の光洋機械さんで人づてに伸和工作所のことを聞き、それからお付き合いが始まりました。

Q:どのような仕事のお付き合いですか?

伸和工作所さんが作っておられる機械の塗装に関係するものをさせていただいています。

Q:伸和工作所との思い出を教えてください。

以前施工した塗装で塗りが薄いことがあり、磯田さんから連絡をいただいて見に行ったところ、ひどい状態で、「とにかく修正させてください」とお願いして直し、事なきは得ました。

磯田さんきつい時ありますもんね(笑)
注:磯田さんは仕事の品質へのこだわりが強く、普段のにこやかなキャラが一変する事があります。滅多に見れないですが(笑)。

そうなんですよ、そういう磯田社長が好感が持てる、というか悪かったら悪いとはっきりと言ってくれるところが。僕はそうしてほしいので。
色んなものを溜め込んで(満足していないことをその都度伝えずに)、それから言われるのであれば、それは違うと思いますし、「何が悪いか」ということを伝えてもらって、うちとしては現場の人に伝えるという風でないと成長はないと思っています。

「悪い」というのも、誰が悪いか、などの責任の追及ではなく、あくまで現状をどういう風にもっていくかということに尽きると思います。僕もそのタイプです。いつ誰がそれをやったかよりも、悪いもの(品質が)を速やかに直すことの方が先決ですし。

磯田さんと井上さんはそういうところが似てらっしゃいますね。

そうですね。僕もどちらかというと「そっち側」の人間だと思います。

でも実際犯人が分かれば一か月間ピンク色に塗る、とかだったりして(笑)

(笑)。普段冗談も言われるし、全然おだやかな方ですが、仕事に対しては真剣に取り組んでおられると思いますし、言わなければならないことはきっちり言われます。そこに好感が持てます。

塗装って簡単なようで難しく奥深い世界。そんな業界の一線を走る井上さんに好意を持っていただけるなんて、磯田さんってもしかしたらすごい人なのかもしれません。

» 折りたたむ


株式会社前川製作所社長 前川さん

www.mbs-m.co.jp(前川製作所様ホームページ)

特殊ベアリングメーカーを経営する前川さん。40人を超える会社を経営されているので、真面目な(固そうな)方かと思いきや、野球の話が飛び出し、巨人ファン疑惑が出てきます。

» つづきを読む

Q:磯田さんとお知り合いになったきっかけは?

父親、先代からのお付き合いです。詳しい経緯は父親から聞いてないです(笑)

伸和工作所の先代からのお付き合いだと、少なくとも30~40年のお付き合いですね。

そうですね。

Q:前川さんから見て磯田さんはどんな人ですか?

非常にフレンドリーです(笑)。人とのお付き合いが上手だなと思います。腰が低くて、たまにゴルフも来ていただきますけど。

Q:前川さんの会社には何人くらい従業員の方がいらっしゃるのですか?

今41名ですかね。

多いですね。大変じゃないですか40人もいると(笑)。

(笑)。でもベアリングのメーカーとしては一番小さい部類です。

Q:特殊なベアリングを制作されているとのことですが、どう特殊なんですか?

ベアリングは基本回転するところにはほぼ使われており、数えきれないくらい種類があります。我々は特定のお客さんの特定の機械に使われるようなものを扱っています。市販のものではなく、形や精度などをカスタマイズしたベアリングです。
あと、旋盤で削って研削盤で仕上げるのですが、一般的な工作機械では削れないようなベアリングを扱っていたりします。自社で研削盤自体を改造して特殊仕様にして制作したりしています。

すごいですね。「エンジニア」という感じですね。

他の大手の企業と競合するようなベアリングではなく、特殊なところで勝負してきています。

Q:MBSというブランドは薄いオレンジ色でしたか?

いえ、濃いオレンジです。野球でいうと巨人です。昔は黄色と黒で阪神だったのですが(笑)

Q:巨人ファンですか?

ということではないのですが(笑)

伸和工作所と社内でトライされていることは似ていますね。

そうですね。最終的には人が作るものですから。今伸和工作所さんから2人出向してもらっていますが、研磨関係や組み立て関係の機械のメンテをしてもらっています。そういう新しい研削盤を改造したりオーバーホールしたりする作業を手伝ってもらっていて、メカの部分など担当してもらうところが多いので、我々の会社の特徴、技術のところですごく貢献してもらっています。これは間違いないです。

すごいお褒めの言葉ですね。

我々は製造メーカーで、製品を作る人の割合が多く、生産技術の部分を補ってもらっています。非常に重要なところです。

40名を超える製造メーカーを経営することの凄さと大変さを感じました。ベアリングメーカーとしては小規模な会社がサバイバルするために知恵と工夫で努力されているところがすごいです。そんな方から「すごく貢献してもらってる」だなんて。ありがたいです。

» 折りたたむ


株式会社ノムラ専務 野村さん

www.nomura-industory.co.jp(株式会社ノムラ様ホームページ)

伸和工作所とお知り合いになってからまだ1年ほどの野村さん。
まだそんなにお付き合いが長いわけではないのに、推薦していただいてありがとうございます。

» つづきを読む

Q:株式会社ノムラはいつ創業されたのですか?

昭和42年です。父親の代からです。治具やゲージを制作することから始まっています。加工治具、検査治具、あとは金型部品や機械部品などを制作しています。

Q:創業されるきっかけは?

もともと父親がJTEKTに勤めておりまして、そこから独立した、という感じです。もう50年近いです。役員を入れて15名ほどの規模です。

Q:磯田さんとお知り合いになったきっかけは?

磯田さんが最初ワイヤーカットの加工をできないかと電話がかかってきたのが最初です。セラミックの研磨だったかもしれません。

Q:セラミックの研磨とか難しくないんですか?

普通に研削盤でできます。簡単ですよ。

Q:伸和工作所には他どんな仕事をしていただいているのですか?

色々ありますが、今しているのは樹脂の加工です。

Q:これから磯田さん(伸和工作所)を知る人に伝えたいことは?

できれば仕事をいただいているので誰にも紹介したくない(笑)という感じなのです。まだ伸和工作所でしている仕事の全体像を把握していないので、他にあるのであれば全部くださいという感じです(笑)

できれば誰にも紹介したくないだなんて熱烈な(?)ラブコールをいただいて幸せです。
これから末長くお付き合いをお願いいたします。

» 折りたたむ


小山鋼業株式会社社長 小山さん

機械加工と板金関係を両方社内で加工出来る、ちょっと珍しい会社です。

» つづきを読む

Q:磯田さんと知り合ったきっかけは?

JTEKT奈良工場の設備管理と仕事をさせてもらっていたのですが、そちらで知り合いました。15年ほどのお付き合いです。

Q:小山さんの会社はどういう事業を?

以前は機械の組み立てもしていたが、今は機械の部品を作ることが主です。図面をいただいて機械加工と製缶、溶接、レーザー加工などです。機械加工はマシニング、フライスなどで、工場は二つあります。

すごいですね。

総合的に機械の部品を作ることができます。表面処理や研磨などで外注に出すこともありますが。

Q:創業したきっかけは?

昭和63年創業しました。親が溶接などをする鍛冶屋みたいな事業をしていてそれを継ぎました。

Q:磯田さんを初めて知る人にメッセージをください。

誠実で、私の目から見たら約束事は必ず守って責任感のある方だと思います。

最上級の褒め言葉ですね。

褒め言葉というか、素直にそう思います。

Q:何か磯田さんや伸和工作所に改善してほしい点はありますか?

ないですね。人間的にも良い方です。

一見怖そうな感じの小山さんですが、態度も言葉も飾らない雰囲気に仕事に対するプライドの高さを感じます。このような方からお墨付きをいただいて幸せですね。

» 折りたたむ


岡本鉄工株式会社社長 岡本さん

ちょっと珍しい出会い方をした岡本さん。こんな出会い方をして、一緒に仕事をさせてもらうことってあるんですね。良いご縁です。

» つづきを読む

Q:磯田さんとお知り合いになったきっかけは?

息子さんです。うちの息子も少年野球をしていてそのつながりで。自宅が近くなんです。たまたまJTEKTさんでお知り合いになって。

Q:創業されて50年ということですが、どなたが創業されたんですか?

もともと叔父が創業し、父親が二代目、私が7年前に継ぎました。

Q:仕事をされている中で一番印象深かった出来事は?

昔JTEKTさんから短納期の仕事を頼まれて、なんとか納めることができ、そこから信頼を得られて他の仕事も依頼していただくようになったことですかね。

Q:磯田さんはどんな人ですか?

やわらかそうに見えて、結構厳しいです。曲がった事が嫌いな感じです。ただこちらから色々問いかけすると答えてもらえるので、こちらも動きが早いので助かっています。

Q:磯田さんのダメなところは?

ダメなところってあるかな(笑)。言われると断れないところですかね。悪い意味ではなく良い意味で。ある意味優しさなのかもしれないです。

Q:磯田さんを初めて知る人にメッセージをください。

お話しするときは裏表を作ると見透かされるので、ぶち当たった方が良いと思います。人を見る目があるので。

人を見る目があるだなんて嬉しいお言葉です。それはどうかわかりませんが、良い人に恵まれているなということは感じるそうです。

» 折りたたむ